面白くて超タメになる漫画×Webメディア
5d3a3564

不透明な時代の今、どう働けばベストなのか? 正直、誰もが“正解”を探している……ならばトップの人たちにそのヒントをもらおう! ビジネス漫画の第一人者・三田紀房がこれからの働き方に迫ります!!

今回対談に応じてくださったのは、ライフネット生命代表取締役会長兼CEOの出口治明氏です!

第2回目はコチラ

第3回目はコチラ

自分の天職などわからない。だから何かの縁を信じたほうが楽しい。

三田 出口さんは35歳の時、将来は社長になると思ってましたか。

出口 いやいや、全然(笑)。就職も成り行きでしたし、※1 いくつでも自分のやりたいことがハッキリ分かってる人なんて稀じゃないですか?

三田 僕も同じ意見ですね。

出口 プロ野球選手になりたいといった明確な夢を持ってそれを叶える人生も素敵だと思いますが、ほとんどの人は自分の適性なんてわからない。※2 だったら何かしら縁があったら、それを大事にするのがいいんじゃないかと思います。

三田 会社を興した起業家というと、成功するためのプロセスをしっかり着実に歩んできたようなイメージがありますが、出口さんは、 その…※3

出口 真逆ですね(笑)。 会社を起業したのも、友人の紹介で出会った方に、保険会社をゼロから作りませんかと誘われたことがキッカケでしたから。

出口治明氏

三田 それまで会社員経験しかなかったのに、起業しようと思った決め手はなんだったんでしょうか?

出口 相手が、とても感じのいい若い方だったんですよ。 若い人から自分が60歳近くなってからこんなおもしろい誘いを受けるのは、何かの縁に違いないと思ったんです。※4

三田 言うなれば、フィーリングで決めたワケですね。でも今って、自分のフィーリングを信用しない風潮がありますよね。 何か判断する前にあれこれ調べて、それを選ぶ理由を用意しようとするというか。 マンガを買う時もまずはネットの評判をチェックして、「いい」と言われてるものしか買わない人が多いそうですよ。

※1 司法試験に浪人中だった出口氏が仕事内容も知らずに日本生命へ入社したのは偶然だった。今でこそ日本一生保に詳しいと言われる出口氏だが、「この仕事が天職だったのか今の年になっても分からない」

※2 「社会人も就活中の人も、社会のことのみならず自分のことすら本当に分かっている人なんて、そういない。でも就職すればプロなのだから給料をもらっている分、その道に精通するのは当然のこと」(出口氏)

※3 講演で「夢に向かって頑張れ」とはけっして言わないという三田氏が漫画家を志したのは30歳の時。出口氏も「3年後にこれして、5年後にはこうなって…と先が見える人生が一番つまらない」と語る。

※4 会社を辞めるリスクについて出口氏は「日本で、健康でいて、ちゃんと働けば食いっぱぐれることはまずないのだから、長い目で見れば失敗なんて怖くない。たとえフラれたって、その経験で次の恋が充実しますから(笑)」

トップだって機能!と考えればいい

出口 そうなんですか! 信じがたいなあ(笑)。 フィーリングとか、直感と呼ばれるものって理屈っぽく言えば、脳が今まで生きてきた中で得てきたすべての情報を分析して、導き出した答えなんですよね。

三田 確かにその通りで、「これ、おもしろそう」 「この人、なんかいい」 っていうのは、これまでの情報から脳が出してきた正しい答えなんですね。

出口 だから、それを信じるかどうかっていうのは、自分を信じるかどうかの問題で、それを信じて流れに乗るほか、自分が「生きる楽しさ」って生まれてこないんじゃないかな。

三田 経営者というと、一般サラリーマンから雲の上のように感じられますが、実際その仕事ってなんですか?

出口 決断することですね。会社の規模は関係なく、トップというのは、誰かに決めることを託せないんです。※5

三田 その決断って、プレッシャーがあるものでしょうか。 それとも自分で決められる、いい意味での気持ち良さがあるんですか。

出口 うーん、僕は結構、仕事を「機能」で考えているんです。たとえば、人間の体を考えた時、頭が一番偉いと思いがちですけど、手足も目鼻も、ぜんぶ重要です。それと同じで、組織には決める役割としてトップがいますけど、営業も経理も、全部の部署が機能として必要なんです。※6

三田 仕組みの中で「決める人」としての自分がいるだけだと。

出口 ええ。自分は機能として今、「会長」を務めているという感じ。 その機能を一生懸命果たさなければとは思ってますが。

三田 今の若い人は昇進したくないとか、トップに立ちたくないというメンタリティを持つ人が多いように感じますが、そういう35 歳以下の人たちにアドバイスするなら…

三田紀房氏

出口 どんなポジションも、サッカーのポジションくらいに気軽に考えてみるといいと、僕は思います(笑)。

三田 そんなに構える必要はないよ、と(笑)。

出口 僕も「会社をつくりましょう」と言われて、「はい」と言ったから社長になったようなもので。まず「イエス」と言うところから、道は開けていくし、世界は変わっていきますよ。※7

三田 起業しようと思っても、もうちょっと準備してからと考える人が多く、アイディアがあるからと、パッと始めてみる人は少ないと聞きますね。

出口 それは絶対、すぐやったほうがいい。僕は旅先で何か買おうかと迷ったら、とりあえず買うほうを選びます。だって、その時しか買えないんですから。

※5 「どんな大企業でも社員なら上司や役員に判断を仰ぐことができる。一方、どんなに小さな会社でも自分が社長であれば、最後の決断は人任せにできない」(出口氏)

※6 「組織には、好き嫌いや美学を持ち込まない。機能で考えるべき。これも歴史書から学んだことですが、人の役割を機能で考えた国のほうが長続きしている」(出口氏)

※7 出口氏の語る人生充実法。「ある意味、毎日がイエス・ノーゲームの積み重ね。たとえば今日、友達に飲みに誘われたとして、「ノー」と言えば家に帰って寝るだけ。でも、飲みに行けば何もないかもしれないけど、素敵な人に出会えるかもしれない。自分が動けば可能性や選択肢はどんどん増えていくんです」

ラクしたい心こそがイノベーションを生む

三田 ああ、僕も別の雑誌で連載中なのに「ウチの雑誌でも連載しませんか」とオファーをいただくことがあって。 そういう時は「ここで断ったら二度とチャンスはないな」 ってわかるんです。 そういう時はまず「やります」って答えてから、「やれる方法」を考えるんですよ。

出口 それは絶対、正しい。その時こそ、今の自分から仕事の幅を広げるチャンスですから!

三田 とりあえず「やる」と決めたら、方法を考えなきゃならない。 アシスタントを倍に増やしてみようかなとか、 作業をデジタルに移行しようかなとか。 で結局、なんとかなります(笑)。

出口 三田さんの考えは、イノベーションの基本だと思いますよ。

三田 どういうことですか?

出口 イノベーションって、最初に枠や足かせを作って、 そこから考えることで生まれるのです。 たとえば、午後4時に5時間かかる仕事を上司から言い渡されたとします。 真面目な人はそこで今から取りかかれば9時には終わるな、と考える。 でも不真面目な人はその日の7時からデートの約束をしてたりするわけです(笑)。

三田 なるほど(笑)。 5時間かかる仕事を3時間に短縮して、デートに間に合うにはどうすれば良いか必死に考えれば…

出口 イノベーションが生まれるんです! 三田さんの「並行して連載やります」というのは7時のデートを設定したのと同じ。 そこからどうやるかと考えるのは、人間の歴史と照らしても素晴らしい方法ですよ。

三田 いや、そんなに大きな話だと思ってませんでした(笑)。 でも確かに僕はアウトプットを増やしつつ、 自分が抱える仕事量をいかに減らすかということを常に考えています。

出口 そこですよ。イノベーションは、ラクしたい心からすべて生まれてるんです(笑)。※8

三田 では、まずはそのラクする心を持つことから始めればいいですね。

出口 それこそ自分の会社人生を変える「王道」だし、「 近道」じゃないかと僕は思いますよ。

明治時代、多くの人々が職を求めて南米や西海岸に渡りました。私はその人たちを尊敬しています。今の日本は国際的に見て平均以上の生活ができるし、ポテンシャルもあるのにグチを言う人が多くて、そこまで真剣に生きていない。食い詰めて海外に出て行った先人たちのように、ガッツを持って挑戦していく人をこの筑豊から輩出したい。そういった環境を作り、チャンスを生み出していくことに、経営者としての義務とやりがいを感じています。

三田 なるほど(笑)。 5時間かかる仕事を3時間に短縮して、デートに間に合うにはどうすれば良いか必死に考えれば…

出口 イノベーションが生まれるんです! 三田さんの「並行して連載やります」というのは7時のデートを設定したのと同じ。 そこからどうやるかと考えるのは、人間の歴史と照らしても素晴らしい方法ですよ。

三田 いや、そんなに大きな話だと思ってませんでした(笑)。 でも確かに僕はアウトプットを増やしつつ、 自分が抱える仕事量をいかに減らすかということを常に考えています。

出口 そこですよ。イノベーションは、ラクしたい心からすべて生まれてるんです(笑)。※8

三田 では、まずはそのラクする心を持つことから始めればいいですね。

出口 それこそ自分の会社人生を変える「王道」だし、「 近道」じゃないかと僕は思いますよ。

※8 「“ラクして儲けたい”という気持ちが人間を進化させて産業革命を生んだ。それは間違いないと思う」(出口氏)

金言!三箇条

一 自分の直感を信じるべし

フィーリングとは無意識の自分なのだ。それを信じよう。

二 流れに身を任せるべし

流されるというと聞こえは悪いが、流れに乗れば人生は変わる。

三 ラクになるために頭を働かせるべし

ラクするためには効率があがる。ラクしたい心は悪ではなく、善。

対談後記

・終始なごやかな雰囲気の出口氏は60代後半には見えない若々しさ。

・歴史にすごく詳しくてその歴史から真摯に学ぼうという姿勢に感銘!

・談話室の書棚には『インベスターZ』が全巻。「社員全員、読んでます」が嬉しかった。

・先方が出してくれた茶菓子のきんつばを一人もりもり食べる担当の女性編集。(ちなみに同郷)

  • でぐち・はるあき

    1948年、三重県生まれ。京都大学法学部を卒業後、72年に日本生命保険相互会社に入社。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。2008年ライフネット生命保険株式会社を開業。12年東証マザーズ上場。13年6月から現職。

・イラスト/三田紀房 ・取材・構成/崎谷美穂 ・写真/林 紘輝(小学館) ・デザイン/井上則人デザイン事務所

出典 週刊ビッグコミックスピリッツ Np.33 より

関連記事