面白くて超タメになる漫画×Webメディア
0997 001

あなたはこの1年のうちに、習慣化しようと挑戦したことはあるだろうか? 女性ならダイエット、男性であればタバコ禁煙などがあげられるだろう。 しかし、いずれも続かず、結局断念してしまう。
インベスターZでもモーニング本誌で、 ダメ主婦・齊藤さんが、息子の海外留学の資金を作り出すために貯金することを決意するのだが、 その際に、久保田さくらの母が、「貯金は歯磨きするように行え」とアドバイスする。今回の話を機に貯金はもちろん、新しい身に付けたい習慣がある人にとって、本記事は一助となるだろう。

0997_001

そもそも、なぜ続かないのか?

あなたはなぜ習慣化できないのかを考えたことがあるだろうか?
習慣化できないものの好例がダイエットだが、続かない理由として挙げられるのは、辛いから、きついから、面倒だからといったものがあげられるだろう。いずれも強い負の感情だ。感情が邪魔をして、続けられない。それを断ち切るには感情を捨てることが肝心なのだが、ここで感情を排除した習慣化の成功例である「歯磨き」を使って説明しよう。

インベスターZで登場した本多静六は自身で貯金を貯めて、投資をはじめたことから莫大な財産を築いた成功者だが、下記のセリフは習慣化にも同じことが言える。習慣化に必要なのは意志ではない、仕組みだ。


0997_001-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

あなたが子どもだったときを思い出して欲しい。 歯磨きを習慣化できたのだから、ほかのことだって習慣化できる。 そもそもどうやって歯磨きが習慣化したのか思いだすことが 習慣化のカギになるはずだ。

①意識的に取り組む


子供だったころ、「寝る前に歯磨きしなさい」と口を酸っぱくして親に言われた思い出は多くの人にある原体験だろう。そう、まずは何度もしつこく意識的にあるいは自分の意識に習慣化したい内容を自分の意識に刷り込んでいく必要がある。とにかくやる!これがまずは大前提である。

②毎日決まった時間、タイミングに取り組むなど、マイルールを徹底する


たとえば、歯磨きは夕食後すぐに行う。もしくは就寝前に行うなど。どの時間、タイミングでやるのかを決めておけば、あとは自動的にそのルールに則ってことにあたれば良いのだ。「面倒くさく感じてしまうこと」が続かない原因のひとつでもあるが、そんなときに実行する秘訣は、あなたが「面倒くさいと感じた時が、ことにあたる絶好のタイミングである」と発想を転換することだ。「面倒くさい、けどやらないと・・・」と脳裏によぎった時点でもう敗北は決まったようなものだ。面倒くさいの「め」が頭に浮かんだときにはことにあたらなかったら、きっとやらないままだ。

③無意識のうちにやれるようになる


歯磨きの習慣化に我々はまだ習うべきことがある。それは自動化、つまり無意識のうちに歯磨きをやってしまうことである。時折、自分の意志とは関係なく気づいたら歯磨きをしていることに気づくときがないだろうか。そう、完全なる習慣とはこのように自分の意志や感情がないくらい無意識にあるいは自動的にやってしまうものなのだ。

本記事で述べてきたことは小学生までのうちに、皆が身に付けたことである。
500円貯金箱に無意識のうちに毎日500円玉を入れたら、あなたの貯金は成功したも同然だ。 さあ、歯磨きをするように貯金しよう。

それでも、いやまだ習慣化できないかも、と思った人は、コチラ!

関連記事