面白くて超タメになる漫画×Webメディア
  • メルマガ
  • Investorz pop fix
    担当編集まほぴ 2018/11/12 07:00

    学び方を学べ!ドラゴン桜公式メルマガVol.061【2018年11月11日(月)配信】

    Note

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    学び方を学べ!ドラゴン桜公式メルマガ

    2018年11月12日(月)

    【Vol.061 取材記事・コラム版】

     

    月曜日7時・木曜日0時の週2回配信

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    こんにちは。『ドラゴン桜2』担当編集まほぴです。

    いつもご購読ありがとうございます!

     

    毎週月曜日にさまざまな学びの情報をお送りしている、

    「学び方を学べ!ドラゴン桜公式メルマガ」。

    今週号より新しい連載が2本スタートします!

     

    一つ目は、スタディサプリの人気講師・伊藤賀一先生による「ニュースの“なぜ?”は日本史に学べ!」。

    新聞やテレビのニュースに触れて、「わかったようでわからない」ともやもやした気持ちになること、ありますよね。

    現代ニュースとは旬な事件やテーマを取り上げるものですが、「それらを立体的に理解するには、今に至る過去のプロセスを知る必要がある」と伊藤先生はおっしゃっています。

    歴史を学べば、ニュースが分かる!

    現代日本のニュースを読み解くうえで必要な、歴史の教養をお届けしていきます。

     

    そして新連載二つ目は、ドラゴン桜2のセリフを英語で言い換えてみる「ドラゴン桜で #英語ツイートチャレンジ」。

    コミックス3巻では、東大合格を目指す早瀬が桜木に「英語でツイートしろ!」と命じられ、英語ツイートに挑戦しています。最近Twitterでは、そんな早瀬のように英語ツイートに挑戦し、英語力に磨きをかける人たちが増えています。

    『ドラゴン桜2』のあのセリフ、英語でなんて言うのか、一緒に考えてみましょう。

     

    それでは、今週もドラゴン桜公式メルマガをお楽しみください!

     

     

    ◇目次◇

     

    1.【今週の一言】

    叱るべきときにはしっかり叱り、

    褒めるときには惜しみない拍手を送れ!

     

    2.【連載】

    桜木建二が教える 大人にも子供にも役立つ

    2020年教育改革・キソ学力のひみつ

     

    3.【連載】NEW!

    伊藤賀一の

    「ニュースの“なぜ?”は

    日本史に学べ!」

     

    4.【連載】NEW!

    あのセリフ、英語でなんて言う?

    ドラゴン桜で#英語ツイートチャレンジ

     

    5.【連載】

    東大生100人に聞きました!

    東大生の読書習慣

     

     

    編集後記

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    1.今週の一言

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    =============

    叱るべきときにはしっかり叱り、

    褒めるときには惜しみない拍手を送れ!

    (三田紀房『個性を捨てろ! 型にはまれ!』より)

    =============

     

     仕事がある程度できるようになってくると、今度は「部下を育てる」ことも重要な仕事のひとつになってくる。

     よくスポーツの世界では「名選手、名監督にあらず」と言われるが、たしかに選手としての才能と監督(上司)としての才能は、まったく違ったところにあるのだろう。

     僕自身にしても、最初にアシスタントを雇い入れたときには、どう叱ればいいのか、そしてどう育てればいいのか、完全な手探り状態だった。

     なにせ自分自身がアシスタントをやった経験がないので、参考にすべき『型』がどこにもなかったのだ。

     ただ、試行錯誤をくり返すうちに、なんとなく育て方のコツがつかめてきたような気がする。

     まず、部下(僕の場合はアシスタント)を育てようと思ったら、叱るべきときにはしっかりと叱り、褒めるときには惜しみない拍手を送らなければならない。

     どちらか一方が欠けてもダメだし、どちらかに偏るのもダメ。バランスよく叱り、褒めることが大切だ。

     そして実際に誰かを注意するときだが、このとき当事者だけを叱り飛ばすことは避けるようにしている。あくまでも彼を注意しているんだけど、しかし意識としては「その場にいる全員」に言い聞かせているような、そんな叱り方だ。

     そうすると、注意を受けている彼にも「どうして俺ばっかり」とか「みんなの前で恥をかかされた」とかいった気持ちが芽生えなくなる。

     そして、その場にいるほかのスタッフも、まるで自分のことのように真剣に受け止め、話を聞いてくれるようになる。

     要するに、個人攻撃をせずに、問題を全体の責任として注意することが大切なのだ。

     これに比べて、褒めるほうはもっと難しい。

     変なタイミングで褒めるのも白々しい。かといって褒められること(評価されること)がまったくなければ、スタッフのモチベーションは下がってしまう。

     やはり、仕事をするからには評価されたいと思うし、評価されることによって成長を実感し、やる気が芽生えるのである。

     そのため、僕は「前はできなかったこと」が「できるようになった瞬間」を見逃さないよう、目を配るようにしている。

     たとえば誰かスタッフが、以前はなかなか上手に描けなかった車の絵を、ちょっと上手に描けるようになった。そうしたら、そのタイミングを逃さず「いいじゃん!」「上手いじゃん!」と褒める。成長を実感させることが、さらなる成長を生むのだ。

     

     そしてもうひとつ、僕が大切だと考えているのが、机だ。

     新しく入ってきたアシスタントが職場に慣れ、仕事になじんでいくためには、自分に与えられた机を「これは間違いなく自分の机だ」と違和感なく思えることが大切だ。

     つまり、その人の「居場所」を提供してあげることが重要なのである。

     これがいつまでも他人の机に座っているような違和感があったら、仕事にも職場にもなじめないし、いい仕事もできない。

     これは新人に限ったことではない。みなさんも自分の会社の机に座ったとき、そこが自分の居場所と思えるかどうか考えてみよう。

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━

    2.【連載】

    桜木建二が教える 大人にも子供にも役立つ

    2020年教育改革・キソ学力のひみつ

    ━━━━━━━━━━━━━━━

     

    『ドラゴン桜』の主人公・桜木がナビゲーターとなり、新しい時代に求められる学力や学習法を紹介していく連載。

     

    11月は塾や予備校の選び方がテーマ。

    今回は第2回・第3回の2本ぶん、掲載します!

     

     

     

     

     

    子どもの「わかった」にダマされるな

     

    この記事はメルマガ購読者限定です。
    メルマガを購読するとバックナンバーを閲覧できます。

    有料会員登録をする