面白くて超タメになる漫画×Webメディア
Contents pixiv thumbnail1

『マネーの拳』。それは“大学受験”の『ドラゴン桜』、“投資”の『インベスターZ』と、漫画界のフロンティアを開拓し続ける三田が描いた経営漫画である。

元ボクシング世界チャンピオンのケンが、思わぬきっかけで手に入れた一億円をもとにアパレル会社を立ち上げて経営者としても成功していく過程を描いている。

今回はそんな『マネーの拳』を愛する経営者の一人、片桐孝憲氏にお話を伺った。ピクシブ株式会社代表取締役社長を務める片桐氏は、『マネーの拳』を現副社長と一緒に読みながら起業したという筋金入りの愛読者。イラストサイト「pixiv」を運営し、今や世界規模で活動するピクシブ株式会社。

インタビュー後編である今回は、片桐氏が「マネーの拳」を読んで考えたお金と文化の哲学をお届けする。

contents_pixiv_p1

−実際の経営の参考にしているエピソードはありますか?

金が無くなってケンが金策に走るところだね。その時彼は一番最初に思いつくはずの塚原会長(※ケンに一億円を出資した人物)に借りに行かないんですよ。なぜ借りないかというと、「人の心という利息ほど高いものはない」から。基本は “借りない”スタンス。

−「人の心という利息ほど高いものはない」とはどういう意味ですか?

人から借りてしまえば関係がフェアじゃなくなるっていうか。あとで厄介なことになる可能性を抱えてることになるんですよね。僕もケンと同じようにピクシブを作った最初の時はお金がなさすぎて、消費者金融からお金を借りてサーバを手作りしてたんです。

簡単に知り合いからお金を借りようとする人がいるんですが僕はそういうのは嫌いだったので「人の心という利息ほど高いものはない」というケンの言葉は共感できました。消費者金融なら利息払うし、それがビジネスだからフェアな関係です。

知り合いに借りると関係がフェアじゃなくなって本来なら無いはずの上下関係が出来てしまう。あと「あの時金貸してやったじゃん」とか一生言われそうだし(笑)僕はこのシーン読んでたので絶対に知り合いからは借りないようにしてました。

contents_pixiv_p2

−苦しい時に消費者金融へ駆け込むと言うとリスク高そうに聞こえますが、『マネーの拳』的には正解なんですね。

友達がそんなことやってたら僕は普通に怒ると思うので、一般的には不正解かも。(笑)

ケンが会社立ち上げてから上場するまでのエピソードはほぼ全部参考にしてます。ピクシブは上場してないから、ケンの会社が上場してからの事は全然わからないけど。

−経営以外の部分で参考にしているエピソードはありますか?

塚原会長が、会社経営が軌道に乗ってきたケンに向かって「馬買え」って言うところかな。その時「金持ちは文化を守る義務がある」って言ってて。馬を買うと会社潰れるっていう人いるけど、その逆の話をするんです。

僕は彼らのような金持ちではないんですがpixivというサービスで生活している以上、なるべくpixivユーザーの描いた絵は買うようにしています。もちろんpixivユーザー以外の絵も買ったりしています。絵は昔から好きですが絵を買うことについてはむしろ頑張って買ってるって感じです。

でもアーティストは売れなかったら次の作品を作れないし、買うことによってまた新しい作品をつくるためのモチベーションになれば、と思ったりしてます。…というのもありつつ、絵は置いておくだけで良いものですからね。

−それでは最後に、『マネーの拳』をどんな人に読んでもらいたいか教えてください。

絶対に読むべきなのはこれから起業する人。あと起業したばかりの人。スタートアッパーだね。こんな言葉あるのかな? なんか『マネーの拳』の話してたら上場したくなってきた…いや、やっぱり別にいいか(笑)

−上場する時は「『マネーの拳』を読んでたから上場した!」って言ってください(笑)本日はありがとうございました!

contents_pixiv_p4

関連記事