面白くて超タメになる漫画×Webメディア
A73a97eec82faa481d8e3114748f3ba9

美人PRに直撃!

投資ってどうやってはじめたらいいの!?

興味はあるけどよくわからないという方のためにマネックス証券の松崎裕美さんに質問をぶつけてきました!

【前編はこちらから】

回答者
マネックス証券株式会社 営業企画部 PR担当 松崎裕美

002

Q. 投資をするうえで、感情に流されない方法ってある?
A.ルールを徹底する。「逆指値」注文は有効な手段。

 投資には感情のコントロールが大事。そう肝に銘じておくべきなんですね。

「そのとおりです。投資の世界には、こんなことわざもありますよ。

『アタマとシッポは、くれてやれ』

儲かっているときでもしつこく追いかけず、アタマ(=最高値)の部分はくれてやるつもりで利益を確定させる。損しているときは、シッポ(=底値)に行き着く前に損を確定させる。そうした客観的なルールを自分に課しておくべきです」

でも、いざとなると頭に血が上って、冷静さを欠いてしまいそう。

「でしたら、引き際については前もって決めておくのも手。『逆指値』注文を入れておくという方法があります。株の売買には、『成行注文』と『指値注文』があります。成行はまさに今、株を買ったり売ったりすること。

成行はまさに今、株を買ったり売ったりすること。その時点の株価で売買が成立します。指値のほうは、売買価格をあらかじめ設定して注文の予約をするやり方。

例えばある銘柄を、100円の買いで指値注文しておく。と、株価が100円より安くなれば注文が成立し約定します。100円の売りで指値注文の場合は、その銘柄が100円より高くなったら約定します。設定した範囲内で株を『安く買い、高く売る』ことができるのです」

ずっと株価の動きを見ていられるわけじゃないのだから、指値注文を出しておくのが賢いやり方かも。では逆指値注文とは?

「100円で買った株を、130円まで上がったら売って利益を得たいが、90円まで下がれば損切りしたいとします。その場合、130円の売り指値と、90円で売りの逆指値をすることができます。これをツイン指値といいます。

『ここまで下がったらあきらめる』というラインに逆指値を設定しておけば、損を許容範囲で確定できます。株価が上がっている状況なら、『ここまで上がればもうじゅうぶん』というラインで利益が確定できる。『アタマとシッポはくれてやれ』という格言を、自動的に実現する仕組みのひとつです。」

Q. 投資に「強くなる」ために、するべきことは?
A.好奇心を持つことが最大の武器に!

投資の目標はもちろん「勝つ」こと。つまり儲けたい。でも、自分の選んだ銘柄の株価が伸びるかどうかは、半ば運頼みでは?

「株価が上がるか下がるか。企業や経済の動向の予備知識がなければ、二者択一ですから確率は五分五分。ですが投資の場合、予測確率を高める手段があります。その銘柄や世の中の動きについて正しい情報を得て、勉強することです」

情報と知識が武器ということ?それはどう得ればいい?

「まずは自分が買った銘柄の動きをチェック。1日1度は自分の口座ページにログインし、現段階での損益を見ましょう。損が出ているときは目を逸らしたくなりますが、むしろそこが学習のチャンス。なぜ株価が下がったのか、自分なりの考察をします。分析と理由づけができれば、同じ失敗を繰り返さずにすみますからね」

自分なりの考察、分析、理由づけの材料集めはどうしたら?

「自分が持っている銘柄企業の大きな動き、ニュースが出ていないか、新聞やインターネットで見ておくのが基本。くわえて、経済全体の動きにも目配りできれば、なおいいですね。企業に落ち度がなくとも、世界や日本の経済がダメージを受ければ株価が下がることはあるので。通常の経済ニュースを追っていれば、平均株価の上下なども報道されますから、そのあたりは押さえます。

経済新聞も、できる範囲で目を通します。さいしょはとっつきにくいところがあるかもしれませんが、日々眺めていると、脈絡がないように見えていた一つひとつの記事が、じつはそれぞれつながっていて、流れがあるのだと少しずつわかってきますよ」

注視すべきは、経済ニュースだけでいい?

「できれば政治や社会問題もフォローしておきたいです。政治なら経済政策の動向や、時の政権の安定度も株価に影響を与えます。外交・国際問題も株価に影響を与えます。米国との関係はどうか、中国の政局は、中東情勢はどうなっているか。それらが株価につながっていきます。投資をすることは、世の中に広く目を向け関心を持つことと同義なんですよ」

  • mita_profile

    まつざき・ゆみ

    マネックス証券株式会社
    営業企画部PR担当
    2010年マネックス証券入社。
    マーケティング部(現・営業企画部)に所属し、
    投資・債券・日本株・米国株の担当としてマーケティングに携わる。
    2012年12月よりPR担当として、
    PR・広報に従事。

出典 インベスターZ 1巻巻末記事より


関連記事