戦前日本は借家住まいが7割!?「夢のマイホーム」も企業が国民に植えつけた都合の良い常識だ

「貯金は美徳」など、国家や一企業がつくりあげた都合の良い常識や思惑が社会には根強く存在している事実を 『インベスターZ』では紹介したが、実は「夢のマイホーム」もその典型例であることを知っているだろうか?

本編でも「常識というのは商売にはもってこいの餌なんだ」と神代が発言する。

企業はどのようにして、一般市民にマイホームという常識を持たせたのか?本編をご覧あれ。



※マンガビューワーです。画面左をクリックすると次のページへ進みます。

インベスターZ 日本人の7割は借家住まいだった!?篇



campaign_banner_150923 (1)

この記事をSNSでシェア