「1000万円」を使って甲子園出場を目指す高校野球マンガ『砂の栄冠』に注目!!

春の選抜高校野球が本日3月20日より開幕した。
高校野球と言えば、春のセンバツ、そして夏の甲子園だ。夏の甲子園では必ずドラマとヒーローが生まれるものだが、それ以上にアツい野球ドラマが詰まっているマンガがある。それが『砂の栄冠』だ。

sunano_tameshi_h1


『砂の栄冠』とは



本作品は甲子園出場を目指す高校球児を描いたマンガであるが、まず「設定」が新しくて面白い!
普段、野球部の応援をしに来てくれる知り合いの老人からある日、「これを使って甲子園に出場してほしい・・・」となんと1000万円を託される。主人公・七嶋は老人との約束を果たすべく、1000万円をつかいながら甲子園に行くという話だ。


636f6d69632d706167652d7265766973696f6e2f3139353934302f31343538323937343834636f6d69632d706167652d7265766973696f6e2f3139353934312f31343538323937343839


ココがこれまでの高校野球マンガと違う!!



七嶋は、清廉潔白で素直といういわゆる高校球児のイメージとはかけ離れた高校生だ。誰よりも勝利や甲子園出場への想いが強く、そのためならどんな手段も辞さないという腹黒な一面も持っている。そんな熱さと強さが災いして、時には監督やチームメイトまで敵に回してしまうという非常に孤独なヒーローだ。樫野高校野球部は七嶋のおかげで成り立っていると言っても過言ではなく、七嶋自身が負う責任とプレッシャーは計り知れない。作品の終盤では文字通り孤軍奮闘する場面があるのだが、彼の勇姿に思わず感情移入して自然と涙がこぼれてしまう。

当時の『ドラゴン桜』の担当編集(佐渡島庸平氏)も、「三田紀房の最高傑作は『ドラゴン桜』よりも『砂の栄冠』だ」と公言している。

そこまで言わしめる『砂の栄冠』とは何なのか?たった一人の高校球児の孤独な熱狂をその目に焼きつけろ!

※マンガビューワーです。画面左をクリックすると次のページへ進みます。
『砂の栄冠』第1話~第3話まで無料でためし読みが可能です。

砂の栄冠 第1話



▼「もっと読みたい!」という方はコチラ
コチラから『砂の栄冠』全巻セットご購入頂けます☆購入者にはなんと単行本(1巻)に三田紀房直筆サイン入り

この記事をSNSでシェア