家を買うときかかる値段って土地と建物代だけじゃないの?

現在連載中のインベスターZでは、3番勝負の第2戦「不動産投資」が行なわれている。不動産は身近なようで、意外に知らないことがたくさんあることが、財前と慎司が「不動産」を探す中で、気づかされたのではないだろうか。

マンション

今回取り上げるのは、作中のcredit.117「え、不動産?」でも財前が計算している「購入諸費用」。 家を買うときに、購入代金以外にかかるお金のことだ。家を買った人から、なんだかんだ購入代金以外に結構なお金がかかった、なんて聞いたことはないだろうか。では実際には何にどれだけかかっているのか。なかなか知らない家を買うときにかかる「お金」をみてみよう。

fudousan2

購入諸費用

詳細
概要 購入価格
 土地価格
 建物価格(消費税込み)
固定資産税評価額  土地
          建物
借入金
 フラット35・全期間固定型(35年)
 銀行ローン・変動金利型(35年)
売買契約時に払う
税金・諸費用
印紙税 (契約価格による)
住宅ローンを借りるときの諸費用 フラット35(全期間固定型)
借入契約(印紙税)
融資手数料
ローン保証料(金融機関が負担)
団体信用生命保険特約料(任意加入)
特約火災保険料
地震保険料

銀行ローン
借入契約(印紙税)
事務手数料
ローン保証料
団体信用生命保険特約料(金融機関が負担)
抵当権設定登記(登録免除税)
 フラット35×税率0.1%
 銀行ローン×税率0.1%
登録時にかかる
税金(登録免許税)
土地の所有権移転登記
  土地の固定資産税評価額×税率1%
建物の所有権保存登記
  建物の固定資産税評価額×税率0.15%
入居後にかかる税金 不動産取得税
固定資産税
都市計画税

諸費用の支払い時期は4段階

第1段階:売買契約時に払う税金・諸費用
第2段階:住宅ローンを借りるときの諸費用
第3段階:登録時にかかる税金(登録免許税)
第4段階:入居後にかかる税金

fudousan


購入して入居するまでにだいたい4回支払うこととなる。仲介会社をつじて購入する場合はそのつど払うケースが多いとのこと。
第1段階に売買契約時に払う税金・諸費用を、第2段階に住宅ローンを借りるときの諸費用、第3段階に登録時にかかる税金(登録免許税)、第4段階に入居後にかかる税金を払うことになるのだ。

作中でも、財前が自宅を土地価格1800万円、建物価格1700万円だとすると考えて計算をしている。

3 2 1

6 5 4
credit.118「幸せの値段」より


これが、いざ購入することになるまで、なかなか知ることのない「購入諸費用」の正体である。財前が計算したのは新築の一軒家を購入するときにかかる購入諸費用であったが、一般的に新築住宅を購入する際は、購入代金の3%〜5%程度、中古住宅では5%〜10%程度を目安に用意をする必要があると言われている。ぜひ、不動産投資を行う際には参考にしていただきたい。

この記事をSNSでシェア