ドラゴン桜から学ぶ!今日からできる勉強の苦手を克服する方法!

『ドラゴン桜』とは落ちこぼれ2人が東京大学を目指すマンガ。 ストーリーとしても楽しめることはもちろんですが、普段から使える勉強法が多く描かれています。 今回はその中でも、英語、数学、国語ピックアップし楽しく勉強をする方法を一部紹介!

■こんな人におススメ
・勉強に苦手意識のある学生
・どうやって勉強をすれば良いのか分からない学生


1.~数学編~
「数学とはゲーム、遊びだ!」
(ドラゴン桜2巻 10限目 「数学はスポーツだ」)

「数学とはゲーム?遊び?」一体どういうことだろうか。
それは、解答をという結果を出し、達成感を味わうゲームと思うことです。 ゲームと思うと、上手くなるために練習を繰り返す。そして、出来るようになると面白くなっていく。そこがゲームとの共通点です。 さらに、本編では卓球を例に挙げ、公式を反射的に思いだし球という問題を跳ね返すという表現で数学を体で覚えることの 大切さを説明しています。

hikagenosakura_18
hikagenosakura_19
hikagenosakura_21
hikagenosakura_22
hikagenosakura_23
hikagenosakura_20
hikagenosakura_20
hikagenosakura_23



2. ~英語編~
「楽しみながら遊び感覚で覚えろ!」
(ドラゴン桜3巻 27限目 「プリーズ・プリーズ・ミー!」)

英語に対して、苦手意識のある学生は多いのではないでしょうか。 しかし、音楽となるとどうでしょう。意外と洋楽を聞いている学生がいます。 そのため、本編では英語に慣れるためにビートルズの曲の歌詞を和訳するところから、勉強をスタートしています。 これを機に、まずは日頃から洋楽を聞く習慣をつけてみてはいかがでしょうか??

hikagenosakura_18
hikagenosakura_19
hikagenosakura_20
hikagenosakura_21
hikagenosakura_22



3.~国語編~
「古文・漢文は漫画でイメージ!」
(ドラゴン桜1巻 7限目~8限目 「古典がカギだ!」~「マンガによる攻略」)

古典・漢文は普通に生活してて、接する機会が非常に少ないです。 ですが、受験となると普通に問題として出題されます。 では、どのように勉強していけば良いのか? 本編では、マンガを使ってあらかじめ現代文で読み、頭の中で話をイメージ出来るようにするための勉強からスタートしています。 マンガだと文章はもちろん、絵も描かれているためイメージしやすいですね。

hikagenosakura_18
hikagenosakura_19
hikagenosakura_22
hikagenosakura_23
hikagenosakura_21




いかかでしたでしょうか?
ドラゴン桜には、まだまだ実際のテストや受験で使える勉強法が描かれています!
ドラゴン桜を読んだことがない学生は、こちら
漫画の購入ができます!

さらに、1巻『ドラゴン桜』の試し読み!

※マンガビューワーです。画面左をクリックすると次のページへ進みます。

クロカン(5) 第6話 「あきらめるな」



この記事をSNSでシェア