投資を始める際に役に立つ、株式投資学園マンガ『インベスターZ』で登場した名言10選

毎週木曜日発売「モーニング」連載中である、株式投資学園マンガ『インベスターZ』では、投資に関するオリジナルの格言が数多く出てきます。
その中から、よりすぐりの10コをピックアップしました。


■こんな人におススメ
・これから株orFXを始めようと思っている人
・投資を始めてみたけど、なかなかな成果を出せずにいる人



1.【インベスターZ】オリジナル投資名言「株は法則でやれ」
「株は法則でやれ」
(神代圭介 credit.7「天才出現?」)

株は法則

 株で儲けるのに自分の考えなんかいらない。感情を捨て、法則に従って株をやるのが鉄則だ!なぜ法則に従うのがいいか、それは感情があるとこだわりが生まれてしまうからだ。こだわりのせいで売る時期を逃したり、株価の上がらない株をいつまでも持っていたりするんだ。投資においてはこだわりが命取りになることを肝に銘じておけ!(神代圭介)



2. 【インベスターZ】オリジナル投資名言「投資は遊び!」
「投資は遊び!ゲーム!マネーゲームさ!」
(神代圭介 credit.3「Z、起動せよ」)

2

 投資に関して何か特別な勉強が必要だと考えてないか?そんな必要は全くない。なぜなら投資は遊びだからだ!カンと度胸でやるお金を使ったギャンブルと同じだ。それくらいの気持ちでやらなかったらとてもじゃないけど大金を株に注ぎ込めやしない。遊ぶからには思いっきり楽しまないと損だな。(神代圭介)



3.【インベスターZ】オリジナル投資名言「言葉は最強の武器!」
「実は言葉は武器なのよ。人間の心を動かすことができる最強の武器!」
(藤田美雪 credit.55「なぜ社是?」)

3

 投資先銘柄を分析するには、投資先企業の「社是(=企業のスローガン)」を読むべし! 成功する企業は、どんな細部にもこだわり、世間に公表する社是も「人の心を動かす武器」だと自覚してその一字一句を厳選する。裏を返せば、社是に経営哲学や理念が凝縮されているか、社是に魂が込められているかによって、成功する企業が一目瞭然なのだ!



4.【インベスターZ】オリジナル投資名言「虫の目・鳥の目で投資しろ!」
「ものごとはひとつの目だけで見てはいけない。虫や鳥になったつもりで見なくてはいけない」
(野々村実 credit.57「英雄伝のみにあらず」)

4

 爆発的なヒット商品を生み出したからといって、それだけで投資対象にしてはいけない。それは、いわば「虫の目」で見たミクロな動きにすぎないからだ。地上数センチの視点から一気に空を飛んで、「鳥の目」で世の中を見てみよう。マクロである「大きな時代の流れ」が見えてくるはずだ。たとえば、iPhoneが成功したからアップルに投資しようというのは虫の目。「個人とコンピュータの常時接続が始まった」という鳥の目で見て、その時代に何が必要になってくるか、それを提供するのはどの企業か、という視点で、今後伸びる投資先を選ぶのだ!



5. 【インベスターZ】オリジナル投資名言「株は“でっかい市場”を狙え!」
「株は“でっかい市場”を狙え」
(財前孝史 credit.33「父の歩んだ道」)

5

 株を買うときに結構気になってしまうのが、企業が「目立つ」活動をしているかどうか。しかし一見華やかな産業は、得てして市場規模が小さいものだ。例えば日本の「映画」は、「牛丼」の半分程度の市場規模しかないし、6兆円ある世界の「ゲーム」市場は、実は「セブン-イレブン」グループ単体の売上(9.5兆円)よりも小さいのだ! 目立つだけで人気が集中してしまう狭い市場にとらわれずに、派手さはないがプレーヤーの数も市場内のお金の流れも活発な“でっかい市場”を狙っていけ!



6. 【インベスターZ】オリジナル投資名言「勝ちたければ、“異議申し立て”せよ!」
「大きな利益を上げる秘訣とは…現在の株式市場に…“異議あり!”と申し立てること!」
(財前孝史 credit.24「イチ・ニ・サン・シ!」)

6-1

6-2

 利益を上げたいのなら評価されている株を買えばいい。しかし、大きな利益を上げたいのなら狙うべきは“まだ”評価されていない株だ。この価格は間違いだ、もっと高くなるべき銘柄だ、と今の評価に自信を持って反論する買いができる投資家だけが、大きな利益を手にする可能性を持っているのだ。



7. 【インベスターZ】オリジナル投資名言「相場とは積み木のようなものだ」
「相場とは積み木のようなものだ」
(神代圭介 credit.88「ブル、ベア、どっち?」)

7

 相場は例えるなら積み木のようなものだ。積み木をコツコツと積み重ねていくように相場は徐々に上がっていき、下がる時は一瞬で崩れ落ちる。積み木が崩れる瞬間、普通の人は眺めているか慌てふためくかのどちらかだろうが、優秀な投資家はそうじゃない。そこでも落ち着いて儲けることを考えられれば、優秀な投資家に一歩近づけるぞ!(神代圭介)



8.インベスターZ】オリジナル投資名言「真の投資家は議論しない」
「真の投資家は投資について議論はしない」
(神代圭介 credit.9「どうする?塩漬け?」)

8

 通常なら議論は、一人では出ないようなアイデアが出るなどメリットがある。しかし議論の過程でどうしても生まれる「個人の拘り」…これが投資にとっては致命的なのだ。個人の拘りが生まれ、その拘りが高じると思い込みに繋がり、思い込みによって行われる投資は必ず失敗する。損切りなど法則で行うべき事が含まれる投資は、ある所ではマシーンにならなければいけないのだ。



9. 【インベスターZ】オリジナル投資名言「株はボロ株を見ろ」
「株はボロ株を見ろ」
(神代圭介 credit.15「5年後の君へ」)

9

 株で儲けようとした時、「今後も値上がりしそう」だと思った”良い株“を買おうとする人が多い。しかし実際には”良い株”は既に頭打ちで、他の投資家が儲け尽くした後である可能性が高いからダメだ。まだ株価が上がっていない、また上がるとも思われていない株、”ボロ株”を探し出して買え。そうすれば将来市場が動いた時に真っ先に儲けられる。荒野を宝の山に変えてやれ。



10. 【インベスターZ】オリジナル投資名言「決めるのは常に自分」
「決めるのは常に自分!自分と相談し自分で決めるんだ!」
(財前孝史 credit.45「合議の死角」)

10

 会議をしていると、嫌われまいとしたり自信がなかったりしてみんなの意見を取り入れようとしてしまうよね。これは失敗しがちな会議の典型例だ。そんな時ボクは鏡を見て「人と相談してはいけない!」と決意するんだ。バフェットも相談しようと思うときは鏡を見るんだって。信用するべき相手は自分自身、決めるのは自分だ!(財前孝史)




いかかでしたでしょうか?
投資に関する名言をもっと知りたい人は、こちら
『インベスターZ』を購入することができます!


campaign_banner_150923 (1)

この記事をSNSでシェア