日本海軍の中枢を描く超弩級新連載!!!『アルキメデスの大戦』を知ろう!!

三田紀房による巨大軍艦エンターテインメント、ついに始動!!!

11月21日、週刊ヤングマガジン第52号より公開される三田紀房の新連載の魅力を、公式HPでもほんのちょっとだけご紹介!!

本誌で第1話を読む前に、知れば本編がより楽しめる情報をお届けします!

archimedes_banner (4)


『アルキメデスの大戦』をご紹介!

第二次世界大戦の日本海軍を描いた今作!まずはじめにあらすじをご紹介!

『アルキメデスの大戦』とは・・・

歴史の影で

生涯をかけて日本のために奮闘した

1人の数学の天才がいた!!



さかのぼる事、1933年。

前年に満州国樹立を宣言した日本と

中国大陸を狙う欧米列強の対立は

激化の一途を辿っていた。

世界が不穏な空気に包まれていく中、

日本の運命を左右することになる

重大な会議――新型戦艦建造計画会議――が

いま海軍省の会議室で始まろうとしていた。

それは次世代の海の戦いを見据える〝航空主兵主義″派と

日本海軍の伝統を尊重する〝大艦巨砲主義″派の

権力闘争の始まりでもあった‥‥。



「大艦巨砲主義」「航空主兵主義」

知れば本編がより楽しくなる基礎知識!「大艦巨砲主義」と「航空主兵主義」についてご紹介です!

●「大艦巨砲主義」とは・・・

第二次世界大戦時まで主流となっていた思想。巨大な砲塔を持ち、かつ堅牢な装甲を有する「戦艦」こそが、海上戦力の中心であり、戦争を牽引する存在であると謳う



●「航空主兵主義」とは・・・

20世紀、戦争時の航空機の活躍によって登場した思想。巨大な戦艦を並べて戦争するのではなく、これからの時代は航空機による戦争がメインとなり、戦局を大きく左右するものになるということを説いた。



登場人物紹介!

atgc-ill-001 のコピー

櫂直(かいただし)

主人公

帝大の学生であり、数学の天才と称される。




☆今回ご紹介できるのはココまで!

☆本編の詳細を知りたい方は、今すぐ週刊ヤングマガジン第52号をチェック!!!

☆『アルキメデスの大戦』特設ページが三田紀房公式HPで近日公開!お楽しみに!!

アルキメデス bnr_500_125

campaign_banner_150923 (1)

この記事をSNSでシェア