ジワジワ笑える「オチ」特集

三田作品の特徴、それは「引き」の上手さ。引きとは、読者に「次の話が読みたい」と焚きつけるために、各話の最後のページに載せる表現のことだ。モーニング連載時には、その「引き」をさらに強めるために、文章が入る。その文章が、引きを強めることもあれば、見事な「オチ」になる場合もある。今回はそんな「オチ」を、インベスターZを題材にした、ランキング形式で紹介していきたい。

第5位 もう怒った顔しか想像できない!?

s_記事用16

▶︎ 何億ものお金で投資を行う財前も、大人に怒られるのは怖いようだ(笑)

第4位 あちらは組織の資金100億円。 こちらは個人のお小遣い10万円!!

s_記事用15

▶︎ 圧倒的な資金の差!!でも、負けない!笑

第3位 こ、これはもしや・・・バック・トゥ・ザ・明治!!?

s_記事用10

▶︎ かの有名な洋画を彷彿とさせる一コマ!タイムスリップしたことをうまく伝えるには、これに限る!!笑

第2位 経営者に会いたくて、会いたくて、震える・・・!

s_記事用4

▶︎ 美雪の経営者に会いたい気持ちを、あの歌詞に乗せて(笑)

第1位 知識と体験だけが友達さ!

s_記事作成19

▶︎ 自分の道を進むためには、知識と勇気が必要だ!!愛と勇気なんて関係ない!笑


まとめ
単行本では、味わえない「オチ」を楽しんでいただけただろうか?今回は5つをランキング形式で紹介させていただいたが、他にもジワジワ笑えるものはたくさんある。モーニングの連載を読んでみるのも良いし、単行本を読み返して、自分で「オチ」を考えてみるのも面白いだろう。「投資」というテーマで、読者に新たな知識を与えてくれるだけでなく、ユーモアな一面も見せるインベスターZ、今後も見逃すな!!

campaign_banner_150923 (1)

この記事をSNSでシェア