財前からのお年玉! 「お金クイズ」をやってみよう

みなさん、こんにちは。『インベスターZ』の財前です!100億円の資産を運用していますが、僕は中学生。お正月にはちゃんとお年玉をもらったよ。さて、今回は投資にちなんで、お札に関するクイズを作ってみた。キミは何問解けるかな?

%e2%98%85%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%82%b3%e3%83%9e%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89


Q1
まずは、コレ。板垣退助の肖像が描かれた100円札。

pic
40年以上前に発行停止となった100円札


1953年から1974年まで発行され、流通していたものだ。投資部の部室を大掃除していたら出て来て、もらったんだけど、これってどうすればいいの?

1.コレクションとして人に見せて自慢する
2.100円のお菓子を買う
3.銀行で発行当時の金額と交換する

A.答えは、2だ。一度発行されたお札は、法律で「無制限に使える」ことが定められている。お札の種類が変わって発行が停止されても、法律上の特別な措置がとられない限り、ふつうに街中で使うことができる。以下の18種類のお札はいまも使用可能だ。

★現在も使用できるお札(国立印刷局のホームページを参照した)
・一万円札(福沢諭吉)1984年発行
・五千円札(新渡戸稲造)1984年発行
・千円札(夏目漱石)1984年発行
・一万円札(聖徳太子)1958年発行
・五千円札(聖徳太子)1957年発行
・千円札(伊藤博文)1963年発行
・五百円札(岩倉具視)1969年発行
・千円札(聖徳太子)1950年発行
・五百円札(岩倉具視)1951年発行
・百円札(板垣退助)1953年発行
・五拾円札(高橋是清)1951年発行
・百円札(聖徳太子)1946年発行
・拾円札(国会議事堂)1946年発行
・五円札(彩紋模様)1946年発行
・壱円札(二宮尊徳)1946年発行
・壱円札(武内宿禰)1943年発行
・壱円札(武内宿禰)1889年発行
・壱円札(大黒天)1885年発行

Q2
お札の表面には、「日本銀行券」と大きく書いてある。では、硬貨にはなんと書いてあるかな? お財布を開けずに答えよう!

1.日本銀行貨
2.日本硬貨
3.日本国

%e2%98%85%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%82%b3%e3%83%9e%ef%bc%88%ef%bc%92%ef%bc%89
この裏面に発行元の名前が書いてある


A.答えは3で「日本国」。紙幣は日銀が発行しているけど、硬貨は日本政府が発行元になっている。ちなみに製造元も異なる。紙幣を刷るのは国立印刷局で、硬貨を鋳造するのは造幣局だ。

%e2%98%85%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%82%b3%e3%83%9e%ef%bc%88%ef%bc%93%ef%bc%89-1
答えは「日本国」。硬貨の裏面を見てみよう!


Q3
ATMに行くと、ときどき新札が出てくる。お札を発行し、流通量を調整するのは日銀だが、処分はどうするのだろう。お金の寿命って、一体どのくらい?

1.発行から10年経つと、政府が処分する
2.年数にかかわらず、破損したものを日銀がどんどん処分している
3.警察が回収し、破損がひどく使用できないものだけを処分している

%e2%98%85%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%82%b3%e3%83%9e%ef%bc%88%ef%bc%94%ef%bc%89
世の中のお金を捨てるのはだれ?


A.答えは2。紙幣の寿命は、1万円札は4~5年、使用頻度の高い5千円札と千円札はわずか1~2年と、意外と短い。日銀に戻ってきた紙幣のうち、汚れたり破れて流通に適さなくなったものは裁断され、リサイクルや焼却処分に回されるそうだ。

Q4
これまで、紙幣に登場した動物は何種類?

1.25種類
2.12種類
3.8種類

%e2%98%85%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%82%b3%e3%83%9e%ef%bc%88%ef%bc%95%ef%bc%89


A.答えは3だ。ねずみ、ハト、いのしし、ライオン、タンチョウ、にわとり、キジの8種類。そのほか、想像上の動物である「鳳凰」もよく登場し、現在発行されている一万円札の裏面にも描かれている。

さて、何問わかったかな? ぜひ友達にもお金クイズを出してみよう!

★楽しく読めて投資について学べる! 『インベスターZ』の試し読みはこちら

インベスターZ 1巻 フルカラー版

この記事をSNSでシェア