身に付く勉強法はドラゴン桜にあり!〜国語編②〜

ドラゴン桜は、個性溢れる教師による受験テクニックや勉強法により、学力が中学生以下の水野直美と矢島勇介が東京大学合格を目指し、勉強を通して成長してくストーリーである。ここでは、ドラゴン桜の中に描かれている”役に立つ勉強法”を紹介していく。大学受験だけではなく、大人になっても役に立つテクニックがたくさんだ!今回は国語の勉強法第二弾。


国語の鍛錬のために向かったのは……

前回、国語の授業の中で例題を使って、国語のレベルアップに必要なのは”正しく読む”力をつけることだと説いた芥山先生。

前編はこちら:身に付く勉強法はドラゴン桜にあり!〜国語編①〜

”正しく読む”能力を身につけるために、生徒たちを連れていったのは学校の外!学校の外で、どうやって”正しく読む”力を身につけるというのだろうか?!。



%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%b3%e6%a1%9c_44%e8%a9%b1_01_02 %e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%b3%e6%a1%9c_44%e8%a9%b1_01_03 %e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%b3%e6%a1%9c_44%e8%a9%b1_02_01 %e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%b3%e6%a1%9c_44%e8%a9%b1_02_02

”正しく読む”能力を身につけるには、常になぜという疑問を持つこと
あなたはあらゆることに「なぜ」と問いかけることができているだろうか。日々の暮らしの中で、いろんなことを「そういうものだろう」と流していないか?「どうでもいい」と疑問に思うことを止め思考停止してしまっては、好奇心を抱くことが少なくなってしまい、身に付くものが非常に少なくなる。

国語の問題を解く際に、理解しなければいけない筆者の考え、説明されている事実、比喩や情景で表現されていること…など。それら筆者の文章を理解するためには、常になぜと問いかけ、筆者と議論をし、筆者の言いたいことを見つける力、文章の中に書かれてあることから推測する力を育てていくことが重要になってくるのだ。

=======================

ドラゴン桜は、受験生だけではなく、何かを学びたい、効率良く身に付けたい人に大変有用な情報だ。
SNSは毎日更新☆記事更新やイベント情報などすべてお知らせしているぞ!

↓↓↓フォローしてみよう↓↓↓

FB-f-Logo__blue_100←三田紀房をフォロー

⬛︎LINE ID:@mitanorifusa



=======================

国語勉強法①の続きは『ドラゴン桜』(5巻)にのっています!
コチラからご購入頂けます☆

51V6QRHW4RL._SX334_BO1,204,203,200_

『ドラゴン桜』(1巻)はコチラからご購入頂けます☆

doragonzakura01

『ドラゴン桜』(全巻セット)は、なんと三田紀房直筆サイン入り!!コチラからご購入頂けます☆

c719f0dc5cd1ce6f8a5d_265x265


関連記事
⬛︎ドラゴン桜から学ぶ!今日からできる勉強の苦手を克服する方法!
⬛︎脳と睡眠の専門家に聞く! 合格に最も近づく本番前夜の過ごし方
⬛︎身に付く勉強法はドラゴン桜にあり!〜英語編①〜
⬛︎身に付く勉強法はドラゴン桜にあり!〜数学編①〜
⬛︎身に付く勉強法はドラゴン桜にあり!〜暗記科目編①〜
⬛︎身に付く勉強法はドラゴン桜にあり!〜暗記科目編②〜
⬛︎身に付く勉強法はドラゴン桜にあり!〜国語編①〜

この記事をSNSでシェア