【『アルキメデスの大戦』4巻、本日発売】
航空機分野の強者相手に櫂がやり過ぎる!あの堀越二郎も激怒!?

本日、11月4日(金)『アルキメデスの大戦』4巻が発売した。
前回までの内容を振り返りながら、今回も新刊について少しだけ情報をお届け!

■これまでのあらすじ
新型戦艦計画決定会議で、ついに造船少将・藤岡率いる藤岡案に決まったが、翌年に、藤岡は自らが設計した水雷艇「峰鶴」の転覆事故を受けて、責任を感じ自ら命を絶つ。再浮上する平山案を潰すべく、藤岡案の改修に苦心する櫂はなんと「航空機」で対抗することを決心する!その決意にある勝算とは・・・?


■ポイント
・話は戦艦から航空機へ
4巻表紙を見てわかるように、今回は航空機の話がメイン!平山の戦艦計画の「嘘」を数学で暴いた櫂だが、航空機に話が変わった4巻でも相変わらず″やり過ぎる櫂″が健在だ。櫂のやり過ぎ感が危なげないが、クセになる!

・堀越二郎の登場
数学の天才・櫂が航空機設計の天才・堀越二郎と出会う。堀越二郎は櫂の敵か味方か?二人の間に角立ちぬ?

航空機分野は猛者だらけ!
櫂の猛烈ぶりが加速する第4巻、見逃すな!

=========================================

『アルキメデスの大戦』(4巻)はコチラからご購入頂けます☆

61wxlpvc-ml-_sx350_bo1204203200_


■1巻1話ためしよみができます!
※マンガビューワーです。画面左をクリックすると次のページへ進みます

アルキメデスの大戦

■関連記事
11月5日(土)、三田紀房サイン会開催決定!!場所はすぐそこ、渋谷!!←★明日5日(土)は三田紀房サイン会!!!
1933年、『アルキメデスの大戦』と『インベスターZ』が交差する!
「アルキメデスの大戦」で三田紀房が挑む3つのイノベーション

この記事をSNSでシェア