さくらちゃんのお母さんが起業?最新11巻の中身を紹介!

『インベスターZ』最新11巻が本日発売されました!!気になる内容は……

さくらちゃんのお母さんが起業する「居抜き起業編」 

そして宿命のライバル・慎司との投資対決、「FX編」の決着が描かれています!



さくらちゃんのお母さんが突然起業家に!?

突如「起業したい」と話すさくらちゃんのお母さん。始めるのは、なんと昔ながらの喫茶店!?経営のノウハウを全く持ってない母の起業にさくらちゃんは猛反対するが「開店資金はほぼゼロの”居抜き起業”だから大丈夫」と言われてしまう。さくらちゃんの母が話す「居抜き起業」とは?

気になる「居抜き起業編」の中身は下記から。

※マンガビューワーです。画面左をクリックすると次のページへ進みます。

インベスターZ 居抜き起業篇

FX対決終盤! 運命のレバレッジ100倍!

「勝っているのか、負けているのか」それすらもわからないFX対決。

重圧に押しつぶされず、確実に勝てる方法を模索する財前はFXを得意とする富永にアドバイスを求めます。

「レバレッジを今の25倍から100倍にしないと慎司には勝てない」

そう話す富永のアドバイスを参考にした財前にある変化が……。さすがの財前にも迷いが見えてしまう。対決の結末はいかに?



居抜き企業の元ネタは「蒙古タンメン中本」だ!!

実は「居抜き企業編」は「辛うまラーメン」でおなじみ「蒙古タンメン中本」のエピソードからヒントを得て描かれました。三田紀房の発想の元ネタとなった同社長・白根誠氏のインタビューもあわせてお楽しみください!

「蒙古タンメン中本」社長・白根誠氏のインタビューはこちらから

この「蒙古タンメン中本」にスタッフの私が行ってきました。

こちらが期間限定、社長である白根氏が自ら開発した「誠スペシャル」

辛さはもっとも辛いといわれる「北極」の4倍! 

スタッフ「これ食べきれる人いるんですか?」

店員「よほどの常連さんじゃないと食べ切れはしないですね。初めてのお客様であれば100%無理ですね」

『蒙古タンメン中本』に初めて来たスタッフがさっそくいただきました。

最初の一口でむせました。二口目を食べようとした時、自分の息も辛く感じてしまい再びむせてしまう。

これを20分ほど繰り返し……

見事完食!

左の味噌タンメンとの違いでどれほど辛さに違いがあるかわかりますね。

スタッフ(涙目になりながら)「見てください!完食しましたよ!」

店員「スープまで飲まないと完食とは言えませんね」

中本スタッフの本気を見ました。

本日発売の11巻是非お手に取ってみてください!!Amazon購入はこちらから

campaign_banner_151113

campaign_banner_150923 (1)