話し合いをしながら投資をすれば失敗する!投資は“個”で行え!

相談して生まれる結論は妥協の産物!? 投資は“個”で行うのが絶対ルール!?

「皆で話し合いながら投資を行えば、優れたアイデアが出てくるなんて考えは今すぐ捨てろ。みんなで相談して株の売買を行えば必ず失敗する」

“投資をみんなで話し合いながら行えば、優れた考えが出てくる“

こう思っていた財前に投資部キャプテン・神代は言います。

投資の際、どうしてみんなで相談してはいけないかわかりますか?

なぜなら話し合いをすれば、自分と他人の利益のどちらも考える必要があり、その折り合いをつけるため、中途半端な決定を下してしまうからなんです。

さらに、みんなで相談して決めれば、失敗しても責任は平等となり、だれの責任でもないことになりますよね

つまり、相談して投資を行うのはただの責任逃れ!

「だから優秀な人間であっても、相談して出た結論はロクなもんじゃない」身をもって理解する財前。

“投資は常に個で行う”これが投資のルール。

この“投資の絶対原則”については下記のマンガから。

インベスターZ  ”個”は投資の絶対原則編